ナースのお仕事とは?看護師という職業のまとめ

病院で働く看護師 看護師 仕事

ナースのお仕事とは?看護師という職業のまとめ

ナースのお仕事とは

看護師は女性にとっては高収入であり、世間からも一目置かれる羨ましいお仕事だと思います。難病持ちの私にとって入院は不可欠なもの。

その際にお世話をしてくれる看護師さんの存在はとても大きい。夜勤の大変さ、薬の確認、食事の配膳に至るまで、お給料に見合うだけの仕事量には頭が下がります。

入院が長いと、そんな看護師さん達と親身になる機会も必然的に増えます。独身の看護師さん達の悩みはやはり恋愛。

驚いたのは、世間での評価は高いはずなのに、いい出会いがないということ。しかも自分から積極的に求めたりもしない。もったいないなーと思ってました。

私の入院していた病院は総合病院で、何度か入院する間に、その科の病棟からいなくなってる看護師さんもたくさんいました。

5年続けばベテランといった感じです。中には、歳をとってるからか仕事についていけず、使えない上に患者に嫌がらせを繰り返す看護師もいました。

私も嫌がらせを受けた一人ですが、その人がきっかけで病状が悪化。苦情は師長へとということでしたが、師長も結局は看護師の味方です。

入院費を払っているにも拘らず、嫌な思いをさせられ腑に落ちない気持ちでした。

しかしそんな看護師はごく稀です。特に薬の知識には驚きます。先生に聞くよりも看護師さんの方が詳しく教えてくれました。

先生が患者と関わるのは、だいたい診察の時だけです。

その点、看護師は奉仕する気持ちがないと務まらない仕事だと思います。患者にとっては身を任せることの出来る重要な存在です。

最近は男性の看護師さんも増えていますが、それだけやりがいのあるお仕事ではないでしょうか。

看護師のやりがい

看護師といえば、病気や怪我をした人を助けるとてもやりがいのある仕事です。

小さい頃に病院で診察を受けたり、病気や怪我で入院したりしたことのある人は、その時お世話になった看護師さんの優しさに救われ、そんな風になりたいと思って看護師を志す人も多いでしょう。

そんな憧れの職業である看護師ですが、看護師をしている人のほとんどが女性で、女性が看護師として長く仕事を続けていくためには様々な壁が立ちはだかっています。

そもそも看護師という職業以外でも女性が仕事を続けていくことは難しいことです。結婚、出産、育児と女性には人生の節目節目に仕事を辞めるかどうかの選択を迫られます。

そんな時、看護師という職業は仕事との両立をより難しくしてしまいます。

多くの看護師さんは大学や専門学校を出て看護師の資格を取得し、病院に就職します。その多くが入院病棟の担当の看護師として働きはじめますが、働き方はシフト制で夜勤もあって休日は不規則です。

大学や専門学校を卒業したばかりの若くて独身の間は時間の融通もきくし、体力的にもその働き方でもやっていけるでしょう。

しかし、何年も働くうちに歳をとって、結婚し、子供を産んで…と周りの環境が変わっていく中、同じ働き方を続けていくことは非常に難しくなっていきます。

まず結婚しても仕事を続ける場合、旦那さんと一緒に過ごす時間が少なくなる恐れがあります。

夫婦として一緒に暮らしながらお互いの仕事の時間が合わないとすれ違う生活になるかもしれません。

そこで女性側が仕事を辞めるか、転職をして時間の融通がきく病院で働くかという選択を迫られる場合があるでしょう。

また、結婚した時は同じ職場で仕事を続ける選択をしたとしても、妊娠し子供が生まれると再度選択を迫られます。

仕事を続けながら子育てもするということは、子供を保育所に預けることになるでしょう。

シフト制で夜勤もある働き方で、保育所への送り迎えは誰がするのかなど問題が出てきます。

これらのことを全て乗り越え、家族の多大な協力があってこそ、一つの病院でずっと働き続けられると思います。

しかし現実、そのような働き方を続けられる人はごく一部で、ほとんどの看護師さんは人生の節目節目に退職、転職しながら看護師という職業を続けていくのです。

看護師の仕事を経験して

看護師とは、病気や怪我で苦しんでいる人たちの身の回りのお世話をしたり、彼らを治療する医師を助けたりする業務を行う人々のことをいい主に医師の補助を行う人のことを言います。

体を思うように動かせない人々の日常生活を助け、彼らが快適に療養できるようサポートするのが務めですがリハビリ専門の人がいるのでそのリハビリが終わった後のケアを主に担当することが多いです。

ときには、患者さんの死に向き合うこともあるため、責任の重い仕事だと私は働いてみて感じました。

仕事内容は大きく分けると、病人や怪我人の療養を助けることと医師が患者さんを診察するのを助けることの二つに分かれます。

この他にも、人々に病気の予防や健康維持のための知識を教えることもありますで勉強が日々必要になってきます。

一般的には、病院や診療所などに所属し、そこを訪れる患者さんを相手に働く場合が多いのでコミュニケーション能力は非常に重要になってきます。

仕事は検温や採血などの処置から、手術の準備など多岐にわたりますので「経験が大事になります。

入院している患者さんにとっては、日常生活の多くを助けてくれる欠かせない存在になりますのでやりがいは感じれる仕事になります。

日本では現在、少子高齢化が進んでおり、これから先ますます社会における高齢者の割合が増えていくことが予想されます。

高齢者向けデイサービスや介護老人福祉施設など、看護師が求められる場所も同様に増え続けており、さらなる活躍が期待できるのが看護師の特徴になります。

看護師は、優しさと冷静さという二つの要素が同時に求められる職業ですので短気の人には向いていない職業なのかもしれません。

怪我や病気に苦しんでいる人は、気持ちがマイナスの方向へ向きやすいため、彼らの気持ちを理解し、元気づける優しい心がなくては看護師の職業は務まりません。

また、患者さんの命を守るため、一刻を争う事態に陥ることもありますので細心の注意が必要です。

そんなときも慌てず騒がず、適切な対処を正確に行う冷静な心も兼ね備えていなければならないのが看護師の難しいところになります。

コメント